不登校の子どものための支援機関

子どもが不登校になったら支援機関に助けを求めましょう。

突然子どもが学校に行けなくなったとなると、
親も混乱するものです。

 

しかし、ここで親が焦ってしまうのは、
子どもにとって良い影響は与えません。

 

まずは親が適切に対応できるように、
落ち着きを取り戻さなくてはなりません。

 

親自身が問題を整理して、
子どもにとっての最善を考えられるようにしましょう。

 

多くの親にとって不登校は
降って湧いたような突然の出来事です。

 

予備知識や心の準備などないのが普通です。
だから、戸惑うばかりです。

 

親と子が孤立してしまわないためにも、
家の外の相談機関を頼ってみましょう。

 

この場合におすすめなのが、
教育支援センターやスクールカウンセラーです。

 

教育支援センター/適応指導教室

各地域に市区町村の教育委員会が運営する、
教育支援センターがあります。

 

場所によっては適応指導教室とも言います。、

 

不登校になった子どもと親の相談に乗ってくれる、
公共の施設です。

 

教育委員会が運営していて、
元教師が指導しているケースが多いです。

 

ただ、学校復帰に向けた指導や支援を行うことを主としているので、
話が学校中心になることは避けられません。

スクールカウンセラー

スクールカウンセラーは学校に配置されています。
常駐しているケースはまれで、だいたい曜日が決まっています。

 

臨床心理士や教育相談員の資格を持った元教師などが、
相談に応じてくれます。

 

普段は在籍する生徒・児童が利用しますが、
親だけの相談にも応じてくれます。

 

学校での子どもの様子や対処の方法など
具体的な相談ができます。

 

学校の状況を詳しく把握しているので、
学校での問題を解決するのに役立つ場合もあります。

 

弱点は学校の施設なのであくまでも学校の枠内での
問題の解決に留まる傾向があるところです。

 

学校の枠を飛び出した、
多様な考えや意見に接することはあまり期待できません。

 

つぎは、
>>不登校の子どもの回復をサポートする機関

 

 

Ads