我が家の小遣い金銭教育

子どもにしっかりした金銭感覚を身につけさせるにはお小遣いから。

10万円を元手に株式に投資してみよう。
架空の株取引をしてお金の使い方や経済を学ぼう
という取り組みが中学校あたりで始まったようです。

 

私たちは自分の子どもに、
いつからどのような金銭教育を行ったらよいのでしょうか。

 

 

家庭で行う金銭教育の柱はお小遣いでしょうね。
子どもにはいつから、いくらくらいのお小遣いを与えますか。

 

それとも必要なときに必要なだけ与える方がよいのでしょうか。
そういえばこの辺のことは情報がありませんよね。

 

その時々に親仲間で情報を交換しているくらいでしょうか。

 

 

我が家では子どもが5年生になったときから
月々まとめてお小遣いを渡すことにしました。

 

旅行先の土産屋で買い物しているときに思いついたのです。
それまで、我が家では買いたい物があったときに親に頼むようにしていました。

 

しかし、この方法では親がOKしなければ買うことができません。
このときも、「買っていいか?」と、子どもに訊かれ迷ってしまいました。

 

親の私が思うには、
それは買ってもしょうがないようなつまらない物だったのでした。

 

 

親にいちいち許可をもらわなくても物が買える自由が必要だと感じました。
そういう段階まで成長したんだと気づいたのです。

 

旅行から帰ってすぐに、夫婦で話し合って、
月々一定額を与えることに決めました。

 

 

最初のお小遣いは小学校5年生で400円でした。
現在中学1年生は毎月800円で1年毎に100円アップします。

 

高校1年生は1300円からスタートし1年毎に100円ずつアップです。
中学生からは月々のお小遣いに洋服代として700円をプラスしています。

 

高校2年生は合計2100円です。
少なさにびっくりされる方がいるでしょう。

 

ここには文具や食事代、ケータイの支払いなどは含まれていません。
小遣いはあくまでも親の許可がなくても自由に使えるお金という意味なのです。

 

この範囲であれば自分の判断で何でも買えるというわけです。

 

 

小遣いを通して子どもに教えたかったことは判断力と計画性です。
親に買ってよいかを尋ねるのではなく自分でその価値を見極めて決断してほしいと願ったのです。

 

 

キャッシングが巷にあふれ、
気軽にローンができる環境になってきましたから、
きちんとした金銭教育がますます必要になってくると思います。

 

たかが小遣いですが、されど小遣い。
子どもにはきちんとした金銭感覚を身につけさせたいものです。