子どもの学力を伸ばす インターネット学習塾 比較サイト

早期教育始める前にどうして英語なのかよく考えましょう。

ネット家庭教師

私が子どもだったころは英語は中学から習い始める新しい教科というのが当たり前でした。
しかし、状況は様変わりしたようです。

 

今では中学入学前に英語を学んだことのあるという人が数多くいます。
小学校への英語教育も導入されつつあります。

 

中学1年生の英語のクラスは早期の英語教育を受けてきた生徒と
英語教育は初めてという生徒が混在し、混乱状態です。

 

結論から言うと、我が家では3人の子どもすべて、
早期の英語教育は受けさせませんでした。

 

全くやらなくて中学校の授業についていけるのだろうか
と心配になる向きもあると思います。

 

確かに、最初こそ早期の英語教育を受けた生徒たちが一歩リードした状況でしたが、
1学期が終わるころには完全に追いついてしまいました。

 

早期の英語教育はお金と時間が莫大にかかる割には効果が出ないということです。
中学3年生になると、成績上では中学から英語を始めた生徒に追い越されてしまうという調査結果もあるくらいです。

 

それだけではなく、早い段階から英語に接して成長しても英語好きを維持するのは難しく、
かえって子どもを英語嫌いにさせたり負担に感じさせてしまうケースもたくさんあるといいます。

 

 

我が家の子どもたちに早期の英語教育を受けさせなかったのには理由があります。
簡単に言ってしまえば、早期の英語教育の成果が期待できないということと、むしろその弊害のほうが大きいと考えたからです。

 

 

本屋に行けば英語教育の本が山済みされています。
テレビでも英会話学校のコマーシャルを見ない日がないくらいです。

 

塾の勧誘広告、ダイレクトメールや訪問販売による教材の紹介などが洪水のように押し寄せてきます。
「今やらなければ取り返しのつかない遅れになる」とおびやかされ、パパやママは不安になります。

 

しかし、ここが冷静になって考えなくてはならないところです。
英語教育は魅力的な市場です。

 

パパやママを不安にさせ、子どもを早期の英語教育に駆り立てていけば市場はさらに拡大し、
ますます儲かることは確実です。

 

これは本当に子どもの教育のことを考えてのことでしょうか。
金儲けのために子どもが利用されているという面がないでしょうか。

 

多くの日本人は、通常の学校教育で満足な英語能力をつけられなかった
という恨みにも近い思いを持っています。

 

英語教育のプロではないパパやママが不安になるのは当たり前です。
業者はそこを突いてくるのです。

 

 

どんな早期教育にも共通することですが、
目先のことばかりにとらわれず、ずっと先を見据えて、
我が子にどんな力をつけてもらいたいかという全体像を描いた上での決断でありたいものです。

 

子どもは自分では判断することができません。
親がしっかりとした考えを持たなくてはなりません。

 

親の責任て大きいですね。
だから疲れるんですよね。

 

パパやママ、ここはちょっと冷静になって、
周りに簡単に流されることなく、本当に我が子に早期の英語教育が必要なのかじっくり考えてみましょう。

 

 

 

 

ads